台湾留学に関するビザ緩和措置

先日、台湾教育部で学生ビザについての発表がありましたが、
現状は学部生のみの対応となっております。
中国語の語学留学に対応している停留ビザについては、まだ詳細発表がない状況です。
さて、本日は台湾へ渡航可能になった場合についての情報を共有させていただきます。
これまでの状況から今後、入国の際には以下が予測されます。

①PCR検査対応病院リスト ※飛行機に乗る3日以内に診断した英語で記載されたもの。
②現地到着後の隔離ホテル一覧 ※GPSアプリをインストールすること。
③万が一現地で発熱症状などが出てきた場合の連絡先(下記)と病院リスト

台湾入国後14日以内に疑わしい症状が現れた場合は,無料の伝染病予防ホットライン1922
または0800-001922(中国語・英語)に電話し,その指示に従って,マスク着用の上,医療機関を受診し,
渡航歴,職業,接触歴等を医師に告知するよう促しています。(こちらは弊社にてサポート可能です。)
こちらはいずれも、台北駐大阪経済文化弁事処より引用いたしております。
渡航前の最新情報は上記HPで直接ご確認いただくのが安心です。

弊社は台湾に事務所がございますので、入国後に何かお困りのことがございましたら、
すぐに対応することが可能です。
ただし、現状中国レッスンを開講している語学センターが少なく、オンラインのところも多いため
予めご承知お願いいたします。
弊社にお申込みをご検討中のお客様は、ご連絡下さいませ。